ページ内を移動するためのリンクです。

髙島屋健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大

 

現在表示しているページの位置です。

主婦健診A・B

女性被扶養配偶者に対して、一般健診及び婦人科検診(子宮頸がん検査・乳がん検査・骨密度検査)を実施しています(骨密度検査は、隔年で西暦の下1桁が奇数の年度のみ実施)。

・「主婦健診A」は、契約医療機関での半日ドックと婦人科検診を自己負担3割(健保組合が7割補助)で受診できます。
・「主婦健診B」は、全国に設けられる会場で指定受診日に会社で従業員に実施の法定健診と同レベルの健康診断を [基本検査] として自己負担なしで受診できます。
なお、同時に婦人科検診項目を [選択検査] として自己負担3割で受診することもできます。

主婦健診A・Bはどちらか一方のみ受診することができます(両方受診は不可)。
また、40歳以上の方で主婦健診A・Bを受診される方は、集合契約受診券での特定健診は受診できません(いずれか一つの選択となります)。

対象者

主婦健診A・Bとも、毎年6月30日現在の髙島屋健康保険組合の女性被扶養配偶者(妻)。
但し、ご案内時に対象者であっても被保険者(夫)の退職や任意継続保険期間満了等で当健康保険組合の資格がなくなった日以降は対象外となり受診できません。

申込方法

  • 1.対象者のご自宅に主婦健診A・Bのご案内のセットを6月に郵送します。詳しくは郵送されたご案内をご確認ください。
  • 2.「主婦健診A」は、当健康保険組合の契約医療機関または都合のよい医療機関へ本人が直接予約のうえ受診してください。
    受診当日、契約医療機関においては自己負担額(契約料金の3割)を窓口でお支払ください。
    契約医療機関以外の場合は、一旦利用料金を全額立替払いのうえ、当健康保険組合に締切日までにご請求ください。(7割分を健康保険組合が補助いたします。)

「主婦健診B」は、郵送されたご案内に記載の健康診断会場一覧から希望する受診日・会場を選んで、同封の申込用紙に必要事項を記入のうえ返信用封筒で郵送申込みするか、ご案内に記載のインターネットからの申込みをしてください。
受診当日、 [選択検査] は自己負担額(契約料金の3割)を受診会場でお支払ください。

利用期間

7月~翌年1月

注意事項

主婦健診A・Bの検査項目のうち、特定健診項目(問診含む)の結果は健康保険組合で管理することになっています。